多汗症の症状と治療

多汗症の人に多く悩んでいる一つの症状として、わきがも上げる事ができます。
そのわきがですが、体質としてなりやすい人はどのような特徴があるのでしょうか。
そのわきがになるメカニズムとともになりやすい人達の体質の違いについて、明確にしてみましょう。
その症状の特徴としてあげる事ができるのはアポクリン汗腺が通常の人より多くあるといえるでしょう。
その症状により、発汗時の汗そのものの成分も違いがあるといえます。
更にその皮脂成分についても通常の人と比べると違うといえます。
そのような特徴が通常の人と違うわきがになりやすい人の顕著な特徴といえるでしょう。
そのメカニズムとしては、わきがのニオイの原因としては、アポクリン汗腺が通常より多い事によってより顕著に現れるといえるでしょう。
また、世界の人種によっても違いがあり、アポクリン汗腺は白人や黒人の方が多く、アジア人に代表される黄色人種は割合少ないといえます。
そのように人種によってもわきがになりやすい人となりにくい人の違いがあるといえます。
わきがはそのようなアポクリン汗腺の数及び分泌により症状が現れるといえますが、それ自体、アポクリン汗腺が原因となる理由についてはまだ解明されていません。
その理由としては、脂肪がアポクリン汗腺に多量に含まれている事が原因ではないかと推測されています。
また、症状が出やすい人と出にくい人の違いとして、ストレスや食生活などの日常的な要因についても影響があるといわれています。
そのわきがの改善方法のひとつとしては、手術によるものもあげる事ができます。
その手術方法をとってみてもメスを使わずに改善ができる方法もありますし、最近ではより効き目のある薬局で入手できる
薬などでも改善する事ができます。
例えば手術の中には先ほどのようにメスを使わない治療方法としては、電気療法や薬品(ボトックス)により発汗作用を抑える方法などがあります。
発汗を抑えるボトックスは他にも顔の額のしわを消す治療などにも使われる多様な治療に用いられる薬剤成分です。
ボトックスを使った治療方法としては、この薬剤をわきがの原因となる、脇の下に注入する事で効果が得られるわけです。
ただし、この治療法の根本的な問題としては、永続的に効果が続くわけではない為、定期的なボトックスの注入が必要になることです。
他に電気を使った治療法もあり、これはインフォレーゼ法という治療方法で薬液に浸したガーゼを患部にあてて、その上から電気を
流し電気分解法と言われる治療方法です。
これは臭いの原因となるアポクリン汗腺やエクリン汗腺を閉じ込めてしまう方法でこちらも効果がある治療法です。
実際には脇の下の汗腺に針をさし、電流を流す方法となり、これの場合、治療時間も他に比べてかかる事となります。
また、この方法については、痛みもあり、治療法についてはそれぞれあった方法を選ぶ必要があるといえるでしょう。
改善方法については、色々とあるわけで、まずは手頃に効果を試して見るなら薬局で薬剤を購入して、治療をしてみて、
改善されないようであれば、実際に医師に相談の上治療するなど、色々と検討する事が必要といえるでしょう。
デトランスα

Comments are closed.