青汁の健康効果とダイエット効果について

青汁が影響する脂肪への影響

green-juice-769129_640

 

 

ダイエットにも効果を表すといわれている青汁ですが、たしかに他の食品では偏りがちな栄養でも、
青汁の場合、その中に含まれる栄養素は多種多様なものが多いです。
実際明日葉の青汁なども各種ビタミンや、カルコンなど様々な栄養を一度に補給する事が可能です。

では、実際には何が問題なのか?

もし、ダイエットや体重を減らすと考える時に、その最適は方法とはなんなのでしょうか?
実際には体重が減らずに増えてしまうこともあり、その要因について検証したいと思います。

答えは実に簡単です。

あなたは「青汁」と聞くと、低カロリーな野菜を考えると思います。
また、野菜だけでなくフルーツなどが用いられている場合、それは、砂糖などと同じで、それが脂肪への変わります。

それではいくつかのレシピについて考えてみます。

  • マンゴーとライムとコラードの青汁
  • アボカドとリンゴとほうれん草の青汁
  • パイナップルとバナナとケールの青汁

 

明日葉の効果、ふるさと青汁

誤解しないでほしいのはこれはらとてもおいしいレシピであるということですが、
そのかわりにとても糖分が含まれていて、ダイエットには最適ではないということです。
糖質は脂肪へと変化します。

ダイエットに大切なのは「でんぷん質ではない野菜で作れらたものが良い」
ということです。

では、さらにお勧めのレシピをご紹介します。

  • ベビーリーフ、ケール、またはコラード
  • ピーマン
  • キュウリ
  • アーモンドまたはアーモンドバター
  • バニラ(無糖)

この青汁は、砂糖なしで、ビタミンやミネラルの必要不可欠な栄養を摂ることができます。
また、血統値についても大きな影響がありません。
朝食にこの青汁を飲んで、昼食時まで、おなかを満たすことができます。
また、この青汁はすぐにエネルギーにかわることも実感できるはずです。

野菜だけで作られた青汁であれば、それはダイエットにもより大きな効果をもたらす
栄養素だと言えます。
実際、通常の食事よりも、青汁を朝食変わりに飲むことで体重への影響も実感できると思います。

まず、試してみて、何か起きるのかを実感してみてください。

Comments are closed.